ビジネスパーソンの髭剃り頻度は? 抜いてはいけない理由

皆様、こんにちは!

東武アーバンパークライン運河駅、梅郷駅が最寄りの脱毛サロンFleekの谷古宇です✨

働いている男性の皆さん!朝のお顔のお手入れ、面倒ではないですか?

最近はお髭を生やすのもお洒落として認められていますが、

だからこそ、お髭を生やす部分、生やさない部分をきちんとしていたいですよね。

でも伸びてきてしまうのが髭。

できたら不要な部分は生えてこないようにしたいですよね。

他のメンズはもう髭脱毛を始めてるかもしれませんよ。

 

ビジネスパーソンの髭剃り頻度は? 抜いてはいけない理由

大人の男性であれば、髭剃りは身だしなみのひとつ。とくにビジネスパーソンにとって、髭剃りは欠かせないエチケットです。しかし、当たり前のエチケットといっても、髭剃りに煩わしさや面倒さを感じている方は少なくないと思います。

中には、髭剃りの頻度を減らすために髭を抜くという方もいるようですが、これは間違ったお手入れ。では、ビジネスパーソンとしては、どんなお手入れをすべきなのでしょう? 髭剃りの頻度や、抜いてはいけない理由をまとめました。

1】髭の生えるスピードは男性ホルモンが関係している

毎日髭剃りをするのは大変です。きっと、すぐに生えてくる髭にうんざりしている方も多いでしょう。髭の生えるスピードには、男性ホルモンが関係しています。髭がすぐに生えてくる方は、それだけ男性ホルモンの量が多いのです。また、2530歳は男性ホルモン量のピーク。働き盛りの20代後半から30代は髭が伸びるスピードも速い傾向にあり、それだけマメなお手入れが求められます。

2】ビジネスパーソンの髭剃り頻度は?

髭は見た目の印象を大きく左右するもの。そのため、清潔感が大切なビジネスパーソンは、最低でも、11回は髭を剃る必要があります。髭が濃く、夕方になるにつれて髭が目立ち始める場合には、12回、髭剃りしなければいけない状況もあるかもしれません。

朝、時間がない中で髭を剃るのはとても煩わしいですよね。しかし、身なりを整えることはビジネスマナーとして求められていますし、髭剃りをおろそかにしてしまうと、だらしない印象から「仕事ができない人」と見られてしまう恐れもあります。

最近では髭OKの職業も増えてきていますが、おしゃれな髭デザインはより清潔感が重要。清潔感がないとおしゃれに見えませんし、印象も悪くなります。髭を生やしている人も、「ちゃんとお手入れをしているおしゃれな髭」と思わせるために、11回以上のお手入れが必須です。

3】髭剃りが面倒でも抜いてはいけません

髭剃りが面倒という理由から、自分で髭を抜く方も少なくありません。でも、髭を抜くのはタブー。たしかに髭を抜くと、髭が生えるスピードが遅くなるかもしれません。しかし、毛を抜くと毛穴が傷つき炎症を起こすこともあります。

1度髭を抜けば、髭剃りの必要がないというわけでもありませんし、髭を抜くことによってまばらとなり、かって見た目の印象が悪くなることも考えられます。

髭剃りが面倒な方は、自分で11本抜くよりも、脱毛でプロに頼るのがおすすめです。自己処理による肌トラブルを回避できますし、きれいに仕上がります。また、朝の髭剃りの時間を大幅に短縮できるのも大きなメリットと言えるでしょう。

【まとめ】

毎日の髭剃りが面倒くさいと感じたら、東武野田線 運河駅にある脱毛サロン「Fleek(フリーク)」へ。脱毛することによって、清潔感のある印象を保てるだけではなく、毎朝の煩わしい髭剃りから解放されます。忙しいビジネスパーソンにこそ、髭剃りの時間を有意義な時間へと変えられる髭脱毛がおすすめです。