VIO脱毛の恥ずかしさを軽減するためのコツ

皆様、こんにちは!

東武アーバンパークライン運河駅、梅郷駅が最寄りの脱毛サロンFleekの谷古宇です

昔よりVIO脱毛が認知され、隠れエチケット的な考えも出てきて嬉しく思います。

でも恥ずかしい気持ちがあって踏み出せない女性だってまだまだいらっしゃるはず。

スタッフは経験豊富なので安心していただきたいと思いますが、恥ずかしい気持ちってなかなか解消はできませんよね。

VIO脱毛の恥ずかしさを軽減するためのコツ

「デリケートゾーンを人に見せるのが恥ずかしい」という理由から、VIO脱毛を躊躇する方も少なくないと思います。たしかに、他人にデリケートゾーンを見られるのは恥ずかしいものですよね。

でも、VIO脱毛はメリットがいっぱい。恥ずかしさを理由にVIO脱毛を諦めてしまうのはもったいない気もします。そこでこの記事では、VIO脱毛の恥ずかしさを軽減するためのコツをまとめました。ぜひ、脱毛を行う際の参考にしてみてください!

1】若いスタッフの少ないサロンや個人経営のサロンを選ぶ

30代、40代の女性に脱毛サロンの不満な点を聞いてみると、「若いスタッフはちょっと……」「自分より若くてきれいな女性にデリケートゾーンを見られることに抵抗がある」といった声が目立ちました。

恥ずかしさだけではなく、技術面や接客面を考えても、同年代以上のベテランスタッフに施術してほしいと考える方は多いと思います。

そんな方には、個人経営や落ち着いた雰囲気のサロンがおすすめ。大手サロンの場合、20代スタッフが多い傾向にありますが、個人経営のサロンは経験豊富なベテランスタッフが多い傾向にあります。安心して任せられそうなスタッフを事前にチェックしておけば、きっと「若くてきれいな女性の前だから恥ずかしい」という思いを軽減できはずです。

2】事前にシャワーを浴びる

「ニオイや汚れが気になって恥ずかしい」という気持ちもあるかと思います。そんな不安がある方は、シャワーを浴びてからVIO脱毛に足を運ぶのがおすすめ。

事前にシャワーを浴びることで、ニオイや汚れの不安を和らげることができます。仕事や用事のあとに施術を受ける場合はウエットティッシュで拭き上げるだけでも安心できますよ。脱衣所にウエットティッシュを用意している脱毛サロンも多いため、説明を受けるときに施術室を見せてもらうのも良いでしょう。

3】スタッフに「恥ずかしい」と伝える

スタッフも同じ女性ですから、VIO脱毛時の恥ずかしさや抵抗はわかっています。「恥ずかしい」と言葉にしてスタッフに伝えれば、必ず理解してくれますし、共感してもらえることで恥ずかしさや緊張が和らぐと思います。

サロンごとに、恥ずかしさを軽減できるよう工夫はしていますが、「恥ずかしい」と言葉にして伝えることで、より一層お客さまの気持ちに寄り添ってくれるはず。実際、アイマスクや照明の明るさ、体勢などに配慮しているサロンがほとんど! 施術を経験した方の声を聞くと「思ったより恥ずかしくなかった」という声も多いようです。

【まとめ】

誰でも最初は恥ずかしさを感じるもの。東武野田線 運河駅にある脱毛サロン「Fleek(フリーク)」では、お客さまの恥ずかしい気持ちに配慮しながら丁寧にケアを行います。恥ずかしさを理由にVIO脱毛をためらっている方にも、安心して任せていただけるよう日々研究しておりますので、脱毛で気になることがあれば、お気軽にご相談くださいませ。